2013年02月10日

【入間】彩の国木の家づくり巡回展2013(1)終了しました

ss-2013_0207_5001.jpg

昨年7月からはじめました彩の国木の家づくり巡回展は、イベント会場での開催がほとんどで、屋外ということもありました。
展示期間も当日あるいは2日間という短時間でしたのでパネル等をじっくりと見ていただくという雰囲気は少なかったように思われます。

今回は、展示専用のギャラリーで5日間(2/4〜2/8)の巡回展を開催することができ、落ち着いた環境で展示物を見ていただける初の試みとなりました。

s-2013_0205_ 005.jpg
    貫構造のゲートができました
ss-2013_0207_0005.jpg
ss-2013_0204_ 039.jpg

入間市役所の高い吹き抜けのホールにつながる市民ギャラリーです。
継手仕口モデルを組んだり解いたりといった大きな音を出すような展示はできませんでしたが、スクリーンにビデオ映写など動きある資料展示は行なうことができました。 

ss-2013_0204_ 056.jpgss-2013_0205_ 004.jpg
ss-2013_0208_0001.jpgss-2013_0208_0008.jpg
ss-2013_0205_ 038.jpg

ss-2013_0205_ 046.jpg

 新たに、会員の取り組みパネルや山の取り組みの解説パネルなどを作成し、私たちの取り組みの様子、継手仕口の実大模型、入間の展示担当の木住研の今までの取り組みの資料として架構模型や外観模型、それらの写真、継手仕口のペーパーモデルなどを展示することができました。

初日展示の準備が昼過ぎまでかかってしまいましたが、5日間で延べ250名ほどの方に見ていただくことができました。

田中入間市長にもご来場いただき、木や家に関する事、私たちの取り組みなどお話できたことはとてもよかったと思います。

入間ケーブルテレビの展示取材をお知らせでお伝えいただけたこともありがたいことでした。

パネルの前で解説も読んでいただけるなど、今までの会場とは異なった展示を心がけなければならないということも実感できました。

ss-2013_0204_ 057.jpgss-2013_0208_0012.jpg
今回の巡回展は、埼玉県からは今年の秋に寄居、熊谷で行なわれる「第37回全国育樹祭」の記念行事として、6月16日開催の第2回いるま環境フェアの実行委員会からはそのプレイベントとして位置付けいただきました。 

<2日目の展示様子の記事へ>
ss-2013_0208_0016.jpg

【次回巡回展】
以下予定で約2週間の期間で行ないます。
展示担当は、飯能の創夢舎さんです。
【日時】2013年 4月16日(火)〜30日(火)8:30〜17:15
【会場】日高市役所 1階 ミニギャラリー
【テーマ】 「100年持つ木の家をつくろう」
       −暮らしの中にもっと木を− 
ss-2013_0212_ 023.jpg
日高市役所
  


posted by 木の家サイタマ at 18:38| Comment(0) | 彩の国木の家づくり巡回展2013の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。